新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

旧高山家住宅(蜆塚公園)

top中区郊外西エリア名所・旧跡

旧高山家住宅

旧高山家住宅は、浜松市村櫛町にあった古民家の受贈をうけ、1980年に蜆塚公園の一角に移築工事をしたものです。

この住宅は、村櫛町で漁業・農業を営んできた住宅で19世紀半ばの浜名湖東岸地域における、最も標準的な農民の住宅の様相を示すもので、無料で内部の一般公開を行っています。

間口5間、奥行き約3間半で、現存する浜松市内の古民家のなかでは比較的小規模です。村櫛町で漁業・農業を営んできた生活の名残がいたる所に感じられます。

正直コメント

大きさとしては比較的小さめで、特にお金持ちの家というわけではなく、一般的な住宅。

昔の住宅が一軒あるだけで、内部は自由に見学することができるが、全体的に見学できる場所は少なく、旧高山家住宅なら所要時間10分程度で見終わってしまう。

明確な目的がないのであれば、ここを目的に観光はおすすめできないが、蜆塚公園内にあるので、必然的に蜆塚遺跡とセットになる。より詳しく知りたい方は合わせて博物館に行かれることをおすすめします。

住所・所在地

〒432-8018
静岡県浜松市中区蜆塚4-22-1

電話番号・FAX番号

  • TEL:053-456-2208(浜松市博物館)

営業時間・開館時間

24時間入場・見学可能

【営業時間に関する補足】
「貝層断面観察施設」「旧高山家住宅内部」の見学は9:00~16:30

定休日・休館日

年中無休

【営業時間に関する補足】
「貝層断面観察施設」「旧高山家住宅内部」は月曜日(祝日は営業)・祝日の翌日は見学できません

施設利用料金

入場・見学無料

駐車場

無料駐車場完備

Webサイト・ブログ(SNS)

交通アクセス

【自家用車(My car)】

  • 東名浜松ICより約30分
  • 東名三方原スマートICより約20分
  • 東名浜松西ICより約20分

【タクシー(Taxi)】

  • JR「浜松駅」タクシー乗り場乗車 約15分

【電車(Train)】

  • JR「浜松駅」下車 徒歩約60分

【バス(Bus)】

  • 遠鉄バス「博物館」下車すぐ

地図(Googleマップ)