新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

浜松市 東京オリンピック「パブリックビューイング」開催決定

浜松市役所

浜松市は、東京オリンピック期間中に開催を予定している「パブリックビューイング」を予定通り開催すると発表した。

今回、市内での五輪パブリックビューイング開催に関して、浜松市の鈴木康友市長は「収容人数が500人の会場で、100人程度の定員でやるので、密を避けて安全に配慮できる。組織委員会と県がパブリックビューイングの開催を正式に決めた場合、予定通り開催する」としている。

一方で、東京五輪に関連した競技体験などのイベントは再検討しているという。

浜松市は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会関連事業」の「ライブサイト事業費」として、8,658千円の予算を計上しており、期間中、遠鉄百貨店(中区)の「遠鉄ホール」でパブリックビューイングの開催を計画していた。

しかし、神奈川県、千葉県、埼玉県など中止を表明する自治体が相次ぐ中、東京都も都が主催する全てのパブリックビューイングの中止を発表、浜松まつりを強行した浜松市の動向に市民の注目が集まっていた。