浜松市の行政区は令和6年1月1日に7区から3区に再編され天竜区以外は区名も変わりました。

木下惠介記念館

top中区中心市街地記念館・資料館

木下惠介記念館

「木下恵介」は浜松市出身で「カルメン故郷に帰る」「二十四の瞳」「女の園」「喜びも悲しみも幾歳月」などの日本映画史に残る作品を多く残し、日本映画の黄金時代を築いた映画監督の一人として知られる人物です。

記念館では、人間愛を繊細に描き続けた「木下恵介」の功績を称え、監督ゆかりの資料を紹介するほか、作品上映会などを開催しています。

第一展示室には、木下惠介の書斎が再現されており、過去の映画作品も閲覧することができます。第二展示室では、木下惠介の生い立ちをたどる写真や映画ポスターなどが展示されています。折々で特別展示も開催されています。

建物は、1930年に建築家「中村與資平」の設計により「浜松銀行集会所」として建築され、2004年に協会の役目を終えた後に浜松市に譲渡、2009年に浜松市指定有形文化財に指定されました。木下惠介記念館の他に、建物の設計者「中村與資平」の資料室もあります。

【木下惠介記念館 基本情報】

名称 木下惠介記念館
住所 〒432-8025 静岡県浜松市中区栄町3-1
電話番号 053-457-3450
営業時間 9:00~17:00
定休日 月曜日・祝日の翌日・年末年始
駐車場 専用駐車場なし、周辺に有料P多数あり
料金 【大人】100円【子供】無料【高齢者】無料
アクセス 【車・タクシー】東名浜松ICより約30分|東名浜松西ICより約25分|JR浜松駅より約5分【電車】JR浜松駅より約1.3km|遠州鉄道 新浜松駅より約0.9km【バス】遠鉄バス「鴨江アートセンター」「教育文化会館」下車
Web 木下惠介記念館 公式ホームページ

【地図(Googleマップ)】