新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

龍潭寺(井伊家菩提寺)

top北区引佐・奥浜名湖エリアお寺・寺院・観音|現在のページ

龍潭寺(井伊家菩提寺)

龍潭寺 山門(総門)

江戸時代前期(1656年・明暦2年)に再建された山門(総門)

龍潭寺 東門(旧鐘楼堂)

東門(旧鐘楼堂)は鏡内で一番古い約400年前の建物

龍潭寺 鐘楼堂

昭和46年(1971年)に再建された鐘楼堂

龍潭寺 本堂

龍潭寺 本堂(延宝4年)

龍潭寺 開山堂

歴代住職のお位牌(御霊)を祀る開山堂(元禄15年)

龍潭寺 仁王門

本堂南側、仁王像が安置されている仁王門

龍潭寺 池泉鑑賞式庭園

龍潭寺 本堂北側 庭園(池泉鑑賞式庭園)

龍潭寺 枯山水庭園

龍潭寺 本堂南側 庭園(枯山水庭園)

龍潭寺 拝観受付所

文化12年(1815年)に建立された庫裡(拝観受付所)

井伊氏祖 共保公出生の井戸

井伊氏祖 共保公出生の井戸

龍潭寺 要綱

龍潭寺は、奈良時代の高僧、行基菩薩により1300年ほど前にこの地に開かれ、初代より現在にいたるまで井伊家の菩提を祀っています。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で注目を浴びることになった直虎(幼名不明)は、許婚の直親と離ればなれになったとき、この寺で出家しました。

緑深い鏡内は想像よりはコンパクトな感じですが、江戸時代初期に活躍した伝説的な彫刻職人、左甚五郎の作と伝えられる「龍の彫刻」や、本堂の「鶯張りの廊下」、多才な芸術家、森川許六の襖絵、井伊家ゆかりの茶室など、沢山の見どころがあり、なかでも必見は、国の名勝に指定されている庭園で、本堂からの眺めは、凛として優しい佇まいが心を癒してくれ、季節ごとに違う表情が見られます。

尚、静岡県文化財「井伊家御霊屋」は、保存修理工事のため2018年6月20日~2020年3月まで見学ができません。

住所・所在地

〒431-2212
静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989

【住所に関する補足】

  • 「龍潭寺」は「井伊谷宮」に隣接しています
  • 「共保公出生の井戸」は「龍潭寺」から徒歩数分の場所にあります

電話番号・FAX番号

  • TEL:053-542-0480
  • FAX:053-542-0901

営業時間・開館時間

9:00~16:30(17:00閉門)

定休日・休館日

毎年8月15・12月22日~12月27日

【定休日・休館日に関する補足】

  • 浜松市北区に各種警報・避難指示または勧告等が発令された場合
  • 何らかの事情により住職が拝観ができないと判断する場合

施設利用料金

  • 大人(高校生以上):500円
  • 小人(小中学生):200円
  • 障害者(手帳提示):250円

【料金に関する補足】

  • 団体割引制度あり(30名以上)
  • 祈祷・御朱印・お守り等は別料金です
  • 参拝の際は任意ですが、お賽銭をお願いします

駐車場

龍潭寺専用駐車場(無料)あり

Webサイト・ブログ(SNS)

交通アクセス

【自家用車(My car)】

  • 東名浜松西ICより約25分
  • 東名舘山寺スマートICより約20分
  • 新東名浜松スマートICより約25分
  • 新東名浜松いなさICより約20分

【タクシー(Taxi)】

  • JR「浜松駅」南口・北口タクシー乗り場乗車 約50分
  • 天竜浜名湖鉄道「岡地駅」タクシー乗り場乗車 約10分

【電車(Train)】

  • 天竜浜名湖鉄道「岡地駅」下車 徒歩約40分

【バス(Bus)】

  • 遠鉄バス「龍潭寺」下車すぐ
  • 遠鉄バス「神宮寺」下車 徒歩約5分

地図(Googleマップ)