浜松市の行政区は令和6年1月1日に7区から3区に再編され天竜区以外は区名も変わりました。

蒲神明宮

top東区郊外東エリア神社・大社・神宮

蒲神明宮 拝殿

蒲神明宮は、浜松市東区神立町、西遠女子学園の北側にある袖紫ヶ森の中に鎮座する、創建が大同元年(806年)浜松最古の神社です。

藤原鎌足十世の孫、越後守静並が伊勢神宮の神託を受け、この蒲の地を開拓し、美田(みた)550町歩(ちょうぶ)を神宮に寄進し蒲御厨(かばみくりや)となし、神明宮を創設したと伝えられています。

願い事は全て叶えてくれるとされる蒲神明宮は、遠州三神明宮のひとつに数えられる歴史のある神社です。

明治時代から続く秋祭り「蒲神明宮例大祭」は、蒲地区の10町(大蒲町、子安町、植松町、将監町、上新屋町、神立町、上西町、西塚町、丸塚町、宮竹町)の絢爛豪華な御殿屋が神社に結集し、びっしりと並んだ様子は圧巻。浜松まつりの御殿屋台の引き回しを彷彿させる。

御朱印はビックリするくらいシンプルでスタンプみたいな感じ。

【蒲神明宮 基本情報】

名称 蒲神明宮
住所 〒430-0801 静岡県浜松市東区神立町471
電話番号 053-461-8591
営業時間 24時間入場・参拝可能
定休日 通年参拝可能(年中無休)
駐車場 専用駐車場あり
料金 入場・参拝・拝観は無料
アクセス 【車・タクシー】東名浜松ICより約15分|JR浜松駅より約10分【電車】JR浜松駅より約3.3km|遠州鉄道 八幡駅より約2.7km【バス】遠鉄バス「西塚町」下車
Web Webサイトなし

【地図(Googleマップ)】