浜松市の行政区は令和6年1月1日に7区から3区に再編され天竜区以外は区名も変わりました。

元城町東照宮(曳馬城跡地)

top中区中心市街地神社・大社・神宮

元城町東照宮(本殿)

徳川家康は1568年(永禄11年)今川方の拠点であった曳馬城を攻め落とし、「馬を引く」という名前は負け戦を意味するため縁起が悪いということで、地名を「浜松」にあらため、城を大幅に拡大し、現在の場所に浜松城を築きました。

豊臣秀吉も曳馬城に訪れたことがあり、二人の武将を天下人へと導いた場所といわれています。

境内には、勇ましい徳川家康の像と、若き日の豊臣秀吉の像があり、中央の空いた台座に立って記念写真を撮ることが出来ます。

本田技研工業の前身となる旧本田技術研究所は、1946年(昭和21年)、曳馬城のすぐ北の山下町に設立されたこともあり、その城の跡地に建てられた元城町東照宮は「出世神社」とも呼ばれている。

「浜松城の前身」「出世神社」など聞くと、大きくて立派な神社を想像するかもしれないが、小さめの普通の神社。テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」のロケで元城町東照宮を訪れた「出川哲朗」も同じようなことを言っていた。徳川家康、豊臣秀吉の二人の天下人が訪れたとされるパワースポットと案内されているが、特に根拠はないそうです。御朱印は書置きが頒布されることがあるが、特別な日だけのため入手は困難である。

【元城町東照宮 基本情報】

名称元城町東照宮(曳馬城跡地)
住所〒430-0946 静岡県浜松市中区元城町111-2
電話番号053-457-2021(浜松市役所企画調整部広聴広報課)
営業時間24時間入場・参拝可能(夜間の照明設備無し)
定休日通年参拝可能(年中無休)
駐車場専用駐車場なし、浜松城・浜松城公園の駐車場が利用可能、周辺に有料P多数あり
料金入場・参拝・拝観は無料
アクセス【車・タクシー】東名浜松ICより約20分|JR浜松駅より約5分【電車】JR浜松駅より約2.1km|遠州鉄道 遠州病院駅より約1.1km【バス】遠鉄バス「浜松城公園入口」「ホテルコンコルド浜松前」「市役所前」下車
Web元城町東照宮 公式ホームページ(浜松市 公式ホームページ内)

【地図(Googleマップ)】