新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

浜松餃子 浜太郎 24時間営業 餃子無人直売所 三和店・増楽店 オープン

浜太郎 餃子無人直売所3号店(浜松市南区三和町)

浜松餃子の浜太郎でお馴染みのユーエスフーズ(北区三方原町)は、浜太郎の生餃子を24時間購入できる餃子の無人直売所を、2021年9月11日(土曜)浜松市南区三和町、9月18日(土曜)浜松市南区増楽町に続けてオープンさせた。

コロナ禍で外出が人との接触に不安を感じる人が増える中、浜松市内では餃子の販売手法にも変化が見られ、石松ぎょうざの新ブランド「餃子のみつお」、宇都宮市に本店を構え浜松で宇都宮餃子を販売する「八幡餃子」など、24時間営業の餃子無人販売所が次々とオープンしている。

浜太郎も、南区三和町が3号店、南区増楽町が4号店となる。

  • 葵西店:中区葵西2-3-58
  • 上島店:中区上島2-23-15
  • 三和店:南区三和町270
  • 増楽店:南区増楽町654-1

「浜太郎」の餃子は、国産100%の食材を使い、無添加で化学調味料や合成保存料を一切使用していない。豚肉は全国食肉品評会で1位になったこともある銘柄豚「浜名湖そだち」を使い、野菜は季節ごとに産地を変えて仕入れるこだわり。

2012浜松餃子祭り「G1餃王座決定戦」でグランプリ、2014新浜松餃子プレゼン大会でグランプリを受賞するなど、浜松餃子の中でも人気が高い。

無人店で販売される餃子は生タイプで、種類は「マイルド」「にんにく」「ショウガ」の3種類で、いずれも36個入りで価格は1,000円、3つの味がセットになった(1種類11個×3)3種セット1,000円、加藤醤油使用の特選タレ200円、持ち帰り用の保冷バッグ100円も用意されている。購入方法は壁埋冷凍庫から餃子を取り出して、料金箱に料金を入れるだけで購入できる。

今後も出店を進め、2022年までに浜松市内で10店舗を目標に展開し、以降は市外・県外での出店も目指しているとのことだ。

【浜太郎】
https://www.hamatarou.jp/

【浜太郎 無人店ページ】
https://www.hamatarou.jp/unmanned_shop/