新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

天竜浜名湖鉄道 マリメッコ車両 5月23日 ラストラン&引退セレモニー

天竜浜名湖鉄道 マリメッコ車両 引退

天竜浜名湖鉄道(天浜線)で、フィンランドの人気ブランド「マリメッコ」で装飾した現役車両の中で最も古い「TH3501」が、5月23日(日曜)のラストランとセレモニーを最後に引退する。

引退セレモニーは、天竜二俣駅で午前9時30分から開催。ラストランは乗客を乗せずに天竜二俣駅を発着し、遠州森駅、三ケ日駅との間を行き来する。グッズの即売会も開かれる。

TH3501は、1996年に2両が導入されたが、2010年に1両が廃車となり、今回引退する車両も2020年に故障してしまい営業運行ができなくなっていた。修理も検討されたが、部品の調達が困難なため引退することが決まった。

鉄道ファンからは廃車を惜しむ声が多く寄せられ、車両の解体には約200万円が必要となることから、同社では引退後の車両の再利用案を公募している。

天竜浜名湖鉄道 マリメッコ車両 引退

申し込みには、5月31日(月曜)までに天竜浜名湖鉄道に再利用応募申込書(事業計画書)を提出する必要がある。

ただし、付加価値でもあるマリメッコの装飾は撤去され、選定には「天浜線や周辺地域の発展に寄与する」などの条件がありハードルは高い。

【引退セレモニー&ラストラン】

日付 2021年5月23日(日曜)
時間 午前9時30分
会場 天竜二俣駅
区間 遠州森駅~天竜二俣駅~三ケ日駅
問い合わせ 営業課:052-925-2276
Web https://www.tenhama.co.jp/