新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

2023年 NHK大河ドラマ「どうする家康」放送決定に高まる期待

2023年 大河ドラマ「どうする家康」放送決定

2023年 NHK大河ドラマ「どうする家康」の放送が決まり、浜松駅南口には横断幕が掲げられ期待が高まっている。

2017年の大河ドラマ「女城主 直虎」の放送時は県内外から多くの観光客が訪れ、「直虎特需」とも呼ばれる大きな経済効果をもたらした。直虎に続き、浜松にゆかりがある「徳川家康」が主人公で、さらに元嵐のメンバー「松本潤」さんが演じるということもあり、直虎特需を上回る経済効果が期待される。

今現在、ドラマの詳しい内容は明らかではないが、家康が浜松で過ごした29歳~45歳という年齢は主演の松本潤さんとも合致する。

また、徳川家康を語る上で外すことができない、武田信玄と壮絶な戦いを繰り広げた最大の負け戦「三方原の合戦」もあり、ドラマの中で浜松時代が中心に描かれる可能性は高い。

2022年夏クランクイン予定で、市内には浜松城・元城東照宮(曳馬城跡)・椿姫観音など、家康に関係が深い場所が数多くあり、撮影が進む中でロケ地として使われる可能性もある。

徳川家康は1542年、三河(愛知県)にある岡崎城主・松平広忠の子として生まれ、1616年、駿府城(静岡市)で生涯を終えている(諸説あり)。家康が浜松で過ごしたのは17年間と決して長い期間ではなく、家康にとって苦難の時期で、実際のところ浜松にいい思い出はないかもしれない。

しかし、浜松市としては「女城主 直虎」のときと同様に、「どうする家康」聖地巡礼の旅をアピールして地域経済の活性化につなげたいところだろう。

ドラマの放送が2023年でまだ先ということもあり、今現在は関連するイベントやキャンペーンなどの情報はまだない。新しい情報が公開され次第、随時ご案内します。

【NHKドラマトピックス】
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/442313.html