新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

浜松餃子

全国的に餃子の町として有名なのは宇都宮ですが、餃子消費量の調査(総務省の家計調査)は、県庁所在地と政令指定都市でしか行われないため、当時(2006年)政令指定都市ではない浜松市は調査の対象外でしたが、ボランティア団体「浜松餃子学会」は、北脇保之市長に「宇都宮が餃子日本一と言われているが、浜松のほうが消費量は多いはずなので、市で調査してほしい」と直談判し、市長が快諾して浜松市独自の餃子の消費量調査が行われました。

浜松餃子

餃子消費量日本一!新たな名物 B級グルメ「浜松餃子」

7年連続日本一の宇都宮市1世帯あたりの平均年間消費が4,710円なのに対し、浜松市役所が独自調査した結果、浜松市内1世帯あたりの餃子年間平均消費が1万9,403円と、宇都宮を大きく上回ることが判明しました。

市の調査結果を掲げ、2007年2月、浜松餃子学会は、「餃子消費量日本一宣言」をしました。

2007年4月 浜松市は政令指定都市移行に伴い正式に調査の対象になり、実際は調査方法が異なるため、独自に行った調査結果ほどの大きな金額ではありませんでしたが、浜松と宇都宮は餃子の餃子消費量でお互い一歩も譲らず、最新の「家計調査」から過去10年を振り返ると、結果は なんと五分五分で、第三位を寄せ付けない二強となり、浜松は宇都宮と同様に餃子の街として全国に知られるようになりました。

浜松餃子の特徴・歴史

浜松餃子

浜松市内にある餃子専門店は約80軒、餃子を扱う店は300店以上にのぼります。浜松餃子の起源は昭和30年前後で、浜松駅周辺の屋台からと言われています。屋台餃子の評判が広がり、多くの餃子専門店が開店しました。浜松には全国シェアでトップの餃子製造機械メーカーもあり、飲食業界のみならず製造業界も深く餃子と関わっています。

地元食材を使ったあっさりコク深い味わい

全国各地、餃子はそれぞれの地域で手に入りやすい食材が具材として使用されていました。
例えば、宇都宮では「白菜」「ニラ」が具材として使用されていますが、浜松は玉ねぎの有名産地であることに加えて養豚業が盛んで、浜松や隣の愛知県ではキャベツが豊富に作られているため、これらの食材が具材として使用されています。
地元食材を使った浜松餃子は、あっさり味でありながら、豚肉のコクを併せ持ち、キャベツたっぷりの浜松餃子はヘルシーで、ニラを使用していないので女性からも大変評判を得ています。

フライパンで焼き上げる円形焼き

昔は食べ物の多くは屋台で販売されていました。浜松駅周辺には一大屋台村のようなものも存在していました。
厨房設備が整っていない屋台で餃子を焼くには、当時はフライパンしかありませんでした。焼き餃子は水で蒸すという行程があるため、鉄板では焼けないからです。
屋台は大盛況、押し寄せるお客さんに対応する為には、一度に多くの餃子を焼く必要がありました。そこで考え出されたのが、フライパンに円形に並べて焼くことです。浜松餃子の焼き方の特徴である円形焼きは、その美味しさが始まりだったのです。

茹でたもやしの付け合わせ

浜松餃子は付け合わせとして、茹でたもやしが乗せられているのも大きな特徴です。
餃子をフライパンに丸く並べて焼くときに、真ん中が空いてしまうので空いた部分を埋めるためにもやしを乗せたのが始まりといわれています。ちょっとした気遣いから生まれた浜松餃子の伝統です。
この茹でたもやしは餃子との相性がピッタリでした。あっさり味の浜松餃子ですが、脂(ラード)で焼いたものなので、食べているうちに脂っぽくなります。それを、もやしが綺麗にリセットしてくれたのです。
浜松では餃子に茹でたもやしが付いているのが当たり前です。全国チェーンの中華レストランでも浜松では餃子に茹でたもやしが添えられています。これは浜松だけで行っているサービスらしいです。

絶品!浜松餃子の有名店・人気店

浜松餃子

浜松市内にある餃子専門店は約80軒、餃子を扱う飲食店・お持ち帰り専門店を合わせたら300店以上、そんな数あるお店の中からおすすめの浜松餃子店をご紹介します。

店名をクリックするとお店のホームページにリンクします。浜松餃子のお店は職人の家族経営店も多いため、ホームページがないお店も多数あります。その場合は、「食べログ」のお店のページにリンクします。

むつぎく(中区砂山町)
昭和37年創業、刻んだキャベツが口の中でパァっと広がる焼き餃子。県外からも多くのお客さんが訪れる人気店
むつ菊(中区助信町)
見事な円型焼きにカリッとした焼き目とモッチモチの薄皮。むつ菊で食べるなら予約は必至
石松餃子(浜北区小松・JR浜松駅・新東名)
知名度浜松ナンバー1。たっぷりキャベツの甘みと豚肉の旨味が溶けあったあっさりジューシーな石松餃子
福みつ(中区井佐藤町)
開店と同時に行列の福みつの餃子は、カリッと焼き目の付いた野菜たっぷりのあっさり味
喜慕里(南区増楽町)
王道の浜松餃子の他に、海鮮餃子食べ比べができる人気店。全国ネットのメディア出演歴多数あり
かどや(東区天龍川町)
地元スポーツ選手(Jリーガー)、芸能人もお忍びで通う、元駄菓子屋の人気店。浜松名物 遠州焼焼きも人気
餃子の砂子(東区有玉北町)
浜松でも珍しいドライブスルーが名物の人気店。1皿200円の衝撃コスパ。人気のため餃子がなくなり次第営業を終了のお店
孫悟空(浜北区小松)
地元の常連さんに支えられ餃子一筋45年。具が大きめの薄皮で、食感にこだわった小ぶりの肉系餃子
大福(中区西伊場町)
名物「ジャンボげんこつ餃子」は、肉・野菜 素材の旨味を最大限引き出し、もっちりした厚めの皮に包んだジューシーな味わい
餃子のきよ(中区鴨江町)
隠し味のスパイスは30年以上にわたり研究を重ね、野菜は季節によって産地を選ぶ拘りの餃子
浜太郎(東区小池町・東区半田山・北区細江町)
浜松餃子まつりグランプリ受賞店。 テレビ「マツコの知らない世界」でも紹介された話題のお店
濱松たんと(中区4店舗)
浜松のご当地料理が充実した居酒屋。ビールと一緒に食べる浜松餃子は最強です
五味八珍(市内各地)
静岡の中華系ご当地ファミリーレストラン。ファミレスだからといってあなどるなかれ。浜松餃子の発展・知名度向上に大きく貢献した人気店です