新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

餃子購入額 浜松市が宇都宮を抑えて2年ぶりに日本一に返り咲き

浜松市 餃子購入額 2020年 日本一

総務省が2月5日に発表した2020年(1~12月)の家計調査によると、浜松市の1世帯あたりの餃子購入額が年間3766円。昨年、日本一だった宇都宮市が3693円という結果になり、僅か73円の僅差で浜松が2年ぶりに餃子の購入量日本一に返り咲いた。

総務省の家計調査は、テイクアウト専門店やスーパーなど小売店の生ギョーザや焼きギョーザの購入額で集計される。単身世帯は調査に含まれず、飲食店の餃子は「中華食」という扱いになるため対象外で調査方法には課題もあるが、浜松は宇都宮は毎年のように首位の座を競っている。

宇都宮は2010年まで15年連続の餃子の購入額が日本一で「餃子の街」を掲げていたが、当時の浜松は政令指定都市ではなかったため、総務省家計調査の対象外であった。

そこで浜松が独自調査の結果を元に「餃子消費量日本一」を宣言したことから浜松・宇都宮の餃子バトルが勃発。

浜松が政令指定都市となり、家計調査に加わった2011年、宇都宮は初めて浜松に日本一の座を奪われ、その後は抜きつ抜かれつ両市一歩も譲らず、2011年から2019年までの日本一の回数は浜松が6回、宇都宮が4回という結果になっている。

餃子バトル勃発当初はお互いにファイティングポーズを取り合っていた浜松と宇都宮だが、最近はお互い餃子好きを認め合ったのか、バトル疲れもあるのか、様子が変わりつつある。両市には「バトル」ではなく、餃子を通じた交流を深めてもらいたい。