新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

浜松市美術館に静岡県立美術館の名品がやってくる

浜松市美術館

浜松市美術館に静岡県立美術館の名品がやってくる。超名品展「風景と人間」開催

2021年11月13日(土曜)~12月19日(日曜)までの期間、浜松市美術館(中区)で、『静岡県立美術館超名品展 -風景と人間-』が開催される。

1986年に開館した静岡県立美術館は「風景の美術館」をめざしており、今年で35周年を迎えたことを記念して、とびきりの名品からなる 「風景と人間」展を浜松市美術館で開催することになった。

天、地、人、天と地をつなぐ富士、地と人をつなぐ物語という組み立てで、モネ、ゴーギャン、 ミロ、谷文晁、佐伯祐三など66点の絵と彫刻が展示される。

会期中には各種イベントも開催され、静岡県立美術館館長の木下直之氏による講演会『風景と人間、それとも人間の風景か』を開催。

  • 講師:木下直之(静岡県立美術館館長)
  • 日時:11月20日(土曜日)14時~15時30分 場所:浜松市美術館 2階講座室 聴講料:無料(要観覧料)
  • 定員:30名(先着順。当日13時から美術館入口で 整理券を配布。開場は13時30分。)

また、同時開催イベント『木下直之館長超私的企画  浜松の人・浜松を歩く』や、静岡文化芸術大学で「コレクションの 地域社会における意義を考える」をテーマに、関連イベント(公開講座)が開催される。

静岡県立美術館の古今の超名品が勢揃いの「静岡県立美術館超名品展 -風景と人間-」をお見逃しなく。

なお、来場の際はマスクの着用を呼びかけており、新型コロナウィルスの感染状況によっては会期等を変更する場合があるため、お出かけの際は必ず公式ホームページをご確認ください。

  • 期間:2021年11月13日(土曜)~12月19日(日曜)
  • 休館日:月曜日
  • 開館時間:午前9時30分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)
  • 観覧料:一般:1,000円、大学生・専門学生・高校生:700円、70歳以上:500円円、中学生以下無料 ※前売り・団体割引あり

【浜松市美術館】
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/index.html