新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

数量限定!天竜 二俣城 御城印 第三弾 5月10日 発行

二俣城 御城印 御朱印

(天竜 二俣城跡)

浜松市天竜区には、二俣城(天竜)・犬居城(春野)・大洞若子城(佐久間)・高根城(水窪)・中尾生城(龍山)の山城があり、御朱印ならぬ「御城印」が発行されている。

これらの天竜区を代表する山城の中でも、国の史跡にも指定されている「二俣城」(指定名称:二俣城跡及び鳥羽山城跡)の御城印は、第一弾、第二弾が完売するほどの人気で、再販を求める声も多く、令和3年5月10日(月曜)午前10時より第三弾が発行されることが決まった。

価格は1枚300円、取り扱いは「天竜区観光協会 天竜支部(天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅 隣り)」で、二俣城跡での取り扱いはないので注意が必要だ。

二俣城 御城印 御朱印

(天竜区観光協会 天竜支部)

【二俣城】
桶狭間の戦い(1560年)以降に本格的な造営が始まったとされ、1572年~1575年には、二俣城をめぐり徳川軍と武田軍の攻防戦が繰り広げられた。1579年には徳川家康の嫡子、松平信康が二俣城で自刃する事件も起こっている。
【御城印】
御城印は神社仏閣の御朱印とは異なり、いわゆる記念スタンプのようなもの。

【天竜区観光協会】
http://tenryu-daisuki.com/