新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

【続報】浜松市 聖火リレー 開催方法の再検討を要請

東京オリンピック・パラリンピック 静岡県聖火リレー

【6月12日 続報】

浜松市は当初、予定していた【1】浜松市役所を10:29分スタート。到着地を静岡文化芸術大学前とするルートを中止にして、【2】プリンス岬を9:20スタート。一部で、天竜浜名湖鉄道による聖火リレーの実施、到着地をみをつくし文化センターとするルートの一本化で最終調整していることが判明した。

中区のルートを走る予定だったランナーは、本人の意思を確認したうえで、北区のルートに組み込まれる予定である。

【6月9日 水曜日】

2021年6月8日、浜松市の鈴木康友市長は、静岡県の聖火リレー実行委員会会長の川勝平太県知事に対して、浜松市内での開催方法を再検討するよう要請した。

浜松市内では5月の連休以降、新型コロナウイルスの感染者が急増しており、市独自の感染拡大警戒宣言を発令している最中である。

西部地域では新型コロナ対応病床使用率も50%超と医療体制が逼迫した状況にあるため、鈴木康友市長は公道でのリレーを中止して、四ツ池 陸上競技場などでの開催を提案した。

県は既に、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令された際には、公道でのリレー中止や点火セレモニーとする方針を発表している。現時点で実行委員会は、県内のリレーに関して、感染対策を強化した上で、通常通り開催するとしているが、浜松市の要請に関しては「個別案件」として対応するとしている。

浜松市でのリレーは、6月23日(水曜)【1】プリンス岬を9:20スタート。一部で、天竜浜名湖鉄道による聖火リレーの実施、到着地をみをつくし文化センターとするルートと、【2】浜松市役所を10:29分スタート。到着地を静岡文化芸術大学前とする2ルートが予定されている。

いわゆる著名人ランナーは浜松市の走行予定はなく、ももいろクローバーZの百田夏菜子さんは袋井市、競泳の金メダリストの岩崎恭子さんは沼津市、俳優の別所哲也さんは牧之原市、パラアスリートの山本篤さんは富士宮市を走る。