新型コロナウィルス感染症の影響により営業時間に変更がある施設があります。お出かけ前に各施設の公式ホームページをご確認ください。

浜松城 天守閣展示 デジタル技術を駆使してリニューアル

浜松城 展示リニューアル

【続報・更新】

天下統一を成し遂げた徳川家康の居城として知られる浜松城、現在の天守閣は1958年(昭和33年)に再建されたものだが、施設内の展示や装飾が老朽化に伴い、徳川家康が浜松城を築いてから450年の節目となる2020年、450年事業の一環として約5000万円をかけて天守閣内部の展示物などの大幅なリニューアルが行われた。

2020年12月27日 鈴木康友市長をはじめ、地元議員ら関係者による、リニューアル竣工式が開催され、2021年1月1日から一般公開されている。

新しい展示はデジタル技術も駆使し、1階部分は「情熱の層」として、若き家康の像を置き、徳川軍が武田軍と激突した三方ヶ原の戦いを迫力の映像で紹介している。

2階部分は「情勢の層」として浜松城と城下町がどのように発展してきたかをジオラマ模型とプロジェクションマッピングで浜松城と城下町の変遷を解説している。

3階部分は「情景の層」として、天井に歴代城主の家紋をあしらい、木造をイメージした内装に生まれ変わった。浜松城の歴代城主が見たであろう城下を望むことができる。

インバウンドを意識した展示物の多言語訳(英語、ポルトガル語、中国/簡体、韓国語)にも対応、土曜・日曜・祝日は再建60周年を記念した限定バッヂのプレゼントもある。(各日先着10名)

開場は午前8時半~午後4時半。新型コロナウィルス感染症の影響もあり、当面は混雑を避けるため、45分ごとの入れ替え制にして人数制限を設けている。

当日の入場券は時間区分ごとに本丸南広場で販売している。

毎週日曜日の午後1時には浜松市のゆるキャラ、出世大名「家康くん」と、出世法師「直虎ちゃん」も登場する。

浜松城(出世城・徳川家康・お花見)浜松市正直観光協会 (jp-hamamatsu.com)